top of page

お問い合わせはお電話で

吉川皮フ科外観

阪急茨木市駅南改札5B出口徒歩1分

皮膚科専門医院

吉川皮フ科

医師について

★ 開院以来、来院患者様数のべ200万人以上の実績と安心の皮膚科です。

こんにちは。院長の池田大助です。

吉川医院は約70年前に故・吉川景三が当時では珍しい主に皮膚科を専門とする医院として開院しました。昭和56年からは私の兄である吉川章彦が継承し、開院以来の来院患者様数はのべ200万人以上の実積を持つ皮膚科医院となりました。

現在でも、茨木市はもちろん他府県、他市町村から来院される患者様も数多くおられ、年間平均のべ2万人以上の患者様が来院され、また医療関係者の方も多く来院されている医院です。

“皮膚は内臓を写す鏡”とよく言われるほど、皮膚科はただ皮膚を診るのではなく、全身を診る科です。

內臓癌や心臓病、膠原病など、あらゆる内科的疾患が初期症状や随伴症状として皮膚に症状が出てくることが多くあります。皮膚所見から内臓病変を予測できるというのは皮膚科専門医の大きな一つの醍醐味だと思っています。皮膚科を受診される方のほとんどは一般的な皮膚疾患ですが、常にそのことを意識して日々の 診察にあたっています。

 

吉川医院では2006年から非常勤として勤務していましたが、2024年4月から兄のあとを継ぎ、医院を継承させて頂くこととなりました。

 

今まで吉川景三、吉川章彦が築いてきた伝統を受け継ぎつつ、私の今までの経験も活かして、“茨木のちゃんとした皮膚科”として吉川医院を受け継いでいく所存です。

 

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、水虫、虫刺され、にきびなど一般的な皮膚疾患はもちろん、小児皮膚科、アレルギー疾患、乾癬、掌蹠膿疱症、痒疹などの難治性皮膚病変、皮膚の“できもの” の良性・悪性診断、良性の”できもの”や“しみ”に対する手術・レーザー治療にも対応しています。

 

皮膚のことで何かあれば、まずは日本皮膚科学会認定専門医である吉川医院を受診してください。これからも吉川医院をよろしくお願いします。

2024年4月1日

 

吉川医院 院長 池田大助

吉川皮フ科待合室
吉川皮フ科待合室

【院長経歴】

1994年 愛知医科大学医学部卒業

 

1994年 大阪大学医学部附属病院特殊救急部(現高度救命救急センター) 研修医

 

1995年 兵庫県立西宮病院救急医療センター(現救命救急センター) 研修医

 

1996年 守口敬仁会病院外科・救急研修医

 

1998年 大阪医科大学(現大阪医科薬科大学) 皮膚科学教室入局

 

2000年 大阪医科大学皮膚科学教室 助手

     大阪医科大学皮膚科学教室 病棟医長

 

2005年 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医取得

 

2006年 社会医療法人彩樹 守口敬仁会病院 皮膚科部長

 

2024年 吉川医院院長

医師について
聴診器を備えたデスク

診療時間

​受付は診療開始時間の15分前~

​担当医:院長(火、水、金、土曜日)

​吉川章彦名誉院長(月曜日)

​診察時間

午前  9:00 ~ 13:00

土曜日のみ 9:00 ~ 14:00

午後 16:00 ~ 19:00

休診日:木曜日、日曜日、祝・祭日

​火曜日、土曜日の午後

​△…9:00~14:00

​☆…手術・レーザー治療(予約のみ)※予約は通常診察をうけられてからになります。

診察時間

診察時間
聴診器を備えたデスク
地図・アクセス

地図・アクセス

吉川医院(皮膚科総合診療所)

皮膚科

〒567-0817 大阪府茨木市別院町5-3 ケイズコート101号

阪急京都線・茨木市駅南改札・5B出口徒歩1分

阪急茨木市駅バスターミナル・徒歩1分

*バスターミナル中央派出所左横すぐ
*市営駐車場前

bottom of page